ゆめつぼについて

料理を通じて、
身につく3つの力

心と体の健康を
コントロールする力

自己肯定感を高め
自分と相手を
大切にできる力

対人関係を学び
人とつながる力

料理を通じて、心と体を健康に。

ゆめつぼでは、料理を学ぶだけでなく、料理をすることを通して、①心と体の健康をコントロールする力、②自己肯定感を高め、自分と相手を大切にできる力、③対人関係を学び人とつながる力、この3つの力を楽しく料理をしながら育んでいきます。

現在のこどもたちには、自制心や規範意識の低さ、不規則な生活習慣、体力の低下などの問題が起きています。自分に自信のあるこどもが国際的にみて少なかったり、将来に対して無気力だったり、友人関係のことで悩むこどもが増加しているといった課題も指摘されています。

私は、それらの課題には上記の3つの力によって、解決できると考えています。食べ物は体だけでなく、心の健康にも関わっています。「こどもの頃から健康的な料理を、自分の手で作れること」で心身ともに強くなれます。
料理を通して、生き抜く力をつけ、社会で活躍できるこどもを育てていきます。

自尊感情と感謝の気持ち。

自信を持つためには、料理が最適です。すぐに成果が出ること、毎日の生活で繰り返し行われること、家族に喜んでもらえることから、誰でも自信をつけることができます。

料理をして初めて、料理を作ってくれた人に感謝をする気持ちが芽生えます。また、異年齢のこども達同士で協力して取り組むことで、社会性が育まれます。

この3つの力が身につくことで、IT化・グローバル化など、社会の激しい変化の中でも、たくましく生きぬくことができ、こどもとご家族が健やかに生活できることを願っています。

「ゆめつぼ」の由来

夢をかなえる子に

生きぬく力をつけて、こどもたちには「夢を叶えてほしい」と願っています。

短所は時には強みになる

私が昔嫌いだった名前の「つぼ」の部分を、あえて教室名にしたところ、意外とかわいく個性的で、苦手な部分とも向き合っていこうというメッセージを込めています。

代表

大坪 さやか

管理栄養士・健康運動指導士・栄養教諭一種免許状

和歌山市出身。同志社女子大学卒業後、和歌山市保健所、健診機関、医療少年院、小学校で献立作成、食事相談、料理教室等の管理栄養士業務に10年以上携わる。
中学生の頃から始めたダイエットの失敗歴10年。管理栄養士となりダイエットは卒業。その経験をもとに、保健所、健診機関で個別食事相談500名以上、集団食事相談3000名以上に行う。医療少年院で1日3食×365日×5年間の献立を考える。日本で唯一、医療少年院での食育経験がある栄養教諭免許保持者。「こどもを健康に育てる管理栄養士」として、現在はこどもやプレママ向けに料理教室を行う傍ら、食育講演会、こども料理教室の講師(食卓リョウリスト)養成を行っている。家庭では2男児の母。

経歴についてはこちら

代表からのメッセージ

食と心はつながっている!

栄養バランスが整った食事に、温かい食事環境、それは、身体の健康面だけではなく心の健康面においても非常に大切なことです。
心のバランスがとれていると、表情が豊かになり、優しい気持ちを持つことができ、成長にとってプラスになる作用があります。さらに免疫力も高めることが出来ます。

私が5年間少年院で栄養士として働いているとき、「自分のことが嫌い」「死にたい」と言う、自己肯定感がものすごく低い子たちが多いことに大変戸惑いました。
少年院のこども達は、社会での食生活がとても乱れており、精神疾患の子が多かったり、摂食障害の子が常にいたりという状況で、そのような子をサポートしてあげたいという思いから、食と心理学、それに精神疾患についても学び、心も健康にする食育カリキュラムを作るために働きながら大学に通い栄養教諭免許を取得いたしました。

自己肯定感を高めるためには「料理だ!」

料理は誰でも確実に達成感を味わうことができ、さらに作った料理を人に食べてもらことで自己肯定感に繋がります。
体に良い料理を作れるようになることで、心と体が健康になると考え、少年院で調理実習をしようと試みましたが、少年院の中では包丁や火を扱う料理は実施が難しく、無念な思いでした。
もしかして、こどもの時から料理に触れて過ごせていたら・みんなで料理を囲み栄養バランスのよい食事を食べる習慣があれば、少年院にいる子たちの未来も変わっていたのかもしれないと思うこともありました。
少年院に限らず、社会のこどもや大人も、食生活の乱れが激しく、国際的にみて日本人の自己肯定感が低いことは大きな課題だと感じます。
この課題解決への一歩として、2015年「『こどもが料理をする』を当たり前の世の中にしよう」と、こどもだけの料理教室「ゆめつぼ」を開始しました。

IT化、グローバル化、新型コロナなど、社会の激しい変化の中でも負けない逆境に強いこどもを育て、ご家族が健やかに生活できることを願っています。

ゆめつぼ 代表 大坪さやか

活動実績

2016年8月公立小学校での出張こども料理教室
11月給食施設協議会全体研修会 講演会
2017年2月食育推進ネットワーク会議 講演会
7月香里ヌヴェール学院 食育講話+調理実習
2019年6月農林水産省近畿農政局 食育シンポジウム 事例報告&パネルディスカッション
10月吹田市立小学校PTA主催 食育講話&料理教室
11月神石高原町役場 食育講演会
2020年1月LED関西ファイナリスト選出 サポーター賞9社受賞
1月茨木市起業セミナー 講演会
2月寝屋川市立小学校 食育講演会
11月大阪府主催「ビジネスプランコンテスト ドリームDASH!」優秀賞
12月大阪ベンチャーチャレンジFund&Marketing認定

メディア掲載・出演

2016年7月~11月Webサイト「子供とお出かけ情報 いこーよ」でのレシピ連載
9月NHKスペシャル「私たちのこれから #健康格差」出演
2019年7、9月J:COMチャンネル「デイリーニュース北摂」出演
2020年3月関西テレビ報道ランナー「新実のハッケン!」出演
3月毎日新聞朝刊「こども健康アイデア料理コンテスト」掲載
4月毎日新聞朝刊「オンラインこども料理教室」掲載
4月朝日新聞朝刊「なにわびと」掲載
10,11月雑誌「コープステーション」に掲載
2021年1月小学館女性ファッション誌「Precious」掲載

アクセス

所在地〒567-0885 大阪府茨木市東中条町8-2
交通機関JR茨木駅徒歩11分または阪急茨木市駅徒歩13分
TEL070-4032-2115
(受付時間:平日9:00~17:00)

運営会社

会社名株式会社ルーアンライト(Ruoanlaitto Co.Ltd.)
代表取締役大坪 さやか
設立2021年2月1日
資本金1,000,000円
事業内容こども料理教室の運営
こども料理講師の養成
こどもレシピの販売