日本で唯一のこども料理教室に

今週から、いよいよ8月後半のレッスンが始まります!

いつも以上に力が入っているのですが

2019年度から

「日本で唯一のこども料理教室」

として始動しました(*^^*)

元々、ゆめつぼでは特別な取り組みはあったのですが

「こども料理教室ってどこも同じでしょう!?」

と思われていた方もいると思います。

少しは特別だと思っていただいている方もいると思います。

なぜなら、普通だったら、一番近くにあるこども料理教室を選ぶところ

遠くの、ゆめつぼを選んでいただいている方々がいるからです。

ゆめつぼの会員さんは、大阪府の全域

茨木市、高槻市、島本町、吹田市、摂津市、箕面市、豊中市、池田市、枚方市、守口市、大阪市

からお越しいただいております(*^^*)

30分以上かかる方がほとんど、1時間かけて来て下さる方もいます。

ありがたいなと思い

期待に応えて

ゆめつぼは、何ができるだろうと考えていました。

単に料理を習うだけじゃなく

心身の健康

自尊感情

人とのつながり

この3つが得られ、大人になったときに

夢を叶えて、たくましく生きていけるように

こどもとご家族が幸せになるように・・・

と考えているわけですが

少し抽象的で

「具体的には、どうなるの!?」と思いますよね。

そこで、考えたのですが

お金と時間をかけていただいているのだから、何か目に見えて

子どもに役立つ何かを身につけてもらおうと考えました。

そこで

「健康的な献立を自分で考えて、レシピを見ずに料理を作れる力」を育もうと思い

2019年度にカリキュラムを改定しました。

これが、日本で唯一の取り組みなのです。

普通に健康的な料理を教えるだけじゃ、これは身に付きません。

どうしてかというと「小学校給食」がそれを表しています。

私は、以前「小学校給食って素晴らしい!」

「こどもの頃から、健康的な食事の勉強になってよい!」と思っていましたが

給食を食べた多くの大人が、不健康の道にすすんでいますね。

食べるだけじゃダメなんです。

そして、作るだけでもダメなんです。

いろいろ考えました。

やってみて、また試行錯誤すると思います。

でも、きっと上手くいくと思います(*^^*)

なぜなら

料理が苦手だった私が(大きな声ではいえないですが・・・)

料理が得意になるまでに、成長した方法が基になっています。(料理が苦手だったから考えつきました)

献立作成は、栄養士でも得意な方は多くないですが

献立作成は、大学時代から得意でした!

その長所と短所を混ぜ合わせた、カリキュラムです。

こちら参考に

お盆の3日間の我が家の夫弁当&とりわけ離乳食弁当です。

私の分も作っています。

ひじき煮が、3日連続ですが、気にしません。

お弁当は、夕食の残りと、朝に作ったものですが

綿密に考えた訳じゃなく

冷蔵庫にあるもので

ぼーっと考えて、何となく作っていたら

結構、栄養バランス良いものが作れていました。

こども達にも、こういう技術を身につけてもらいたいなと思い、8月のレッスンを行います(*^^*)