2月メニューの詳細

2月の料理教室は

「ブリの照り焼き、けんちん汁、ごはん、チョコプリン」を作ります。

バレンタインも近いので、久々おやつも作ります。

1つずつメニューの紹介をします(^^)

今の時期の旬の魚と言えば「ブリ」ですね。

脂がのって美味しいです。

今年は、お値段少し高めの印象ですが、美味しいし、栄養価も高いのでおすすめです。

いろいろ調理法がありますが、一番手軽で子ども達に覚えてほしいのが照り焼きです。

お節にも使えますね。

脂がのっているので、フライパンにそのままでも良いし、少し油をひいて焼きます。

そして、合わせ調味料をからませて、おわりです。

合わせ調味料は、お好みで砂糖をいれても美味しいです。

ゆめつぼ流は、食べやすくて美味しいものには、基本は砂糖を入れず「みりん」だけにしています。

砂糖はとらなくても良いからです。

でも、砂糖を少し入れると、確かにおいしさはUPします。

他の料理で砂糖を使うときは入れない、使わないときは入れるなどすると良いと思います。

付け合わせは、長ネギ、かぶ、小松菜など、いかがでしょうか(^^)

続いて、けんちん汁です。

けんちん汁は、もともとは精進料理です。

今回、具材は精進料理風で、魚も肉も使っていません。

でも、だし汁は「いりこ」を使いました。

本当に精進料理とするなら、昆布や干ししいたけのだしを使うと良いです。

大人だったら、それも良いかと思ったのですが

昆布、しいたけのだしは、子ども受けは良くないと思います。

そのため、いりこだしにしました(^^)

ごま油で炒めて、だし汁を加えて煮るという工程は

だし汁を作る人からすると、面倒なので

だし汁を作る→野菜を煮る→最後にごま油を入れる

でも良いのですが

「野菜を炒めて、だし汁を入れて作る汁物もあるんだよ」ということを伝えたかったので

今回は、ごま油で炒める→だしを加えて煮る

という工程にしました(^^)

最後は、チョコプリンです。

これは、チョコレートが入っていないので本当は「ココアプリン」ですが

チョコレートの味がするし、チョコプリンの方が美味しく感じそうなので「チョコプリン」です(^^)

プリンというと、卵、牛乳を使って、オーブンで蒸し焼きという工程になりますが

少し大変ですね。

ゼラチンで固めて冷やすというお手軽なものにしました。

12月には寒天を使って「みかんゼリー」を作りました。

そのとき、寒天は「海藻類」のため、ゼラチンよりおすすめと話しました。

しかし、今回はゼラチンです(^^;)

やはり食感を優先するとゼラチンなので

ムースやプリンはゼラチンになります。

ゼラチンは、こちらを使いました↓

森永クックゼラチン

粉末なので、ゼラチンをふやかす必要がありません。

ゼラチンは「コラーゲンがとれる」と良いように書かれていますが、わざわざ摂取する必要はありません。

コラーゲンは摂取しても、残念ながら、お肌がぷるぷるにはなりません。

コラーゲンは、体に入ると「アミノ酸(たんぱく質が分解したもの)」になるだけです。

魚、肉、大豆製品、卵を食べると、「アミノ酸」は摂れます。

コラーゲンは、体内でアミノ酸から作られることは事実ですが

コラーゲンをとったら、体内でもコラーゲンが多くなる訳ではないのです。

お肌の弾力は、他にも様々な栄養素が関わっていますので

コラーゲン、ビタミンCを摂れば良い訳ではないのです。

なので、ゼラチンはわざわざ摂る必要はなく

プリンを作るときは、固めるために使っただけです。

健康情報は、間違ったもの、誇張されているものが多くて困りますよね(+_+)

話が長くなりましたが・・・

チョコプリンは、当初カラメルもつけようかなと思ったのですが

このままでも美味しかったし、カラメルは熱くなったり、扱いにくいのでやめました。

大人は、カラメルがあった方がパンチがあり、良いかもしれません。

水と砂糖を混ぜて、お鍋で温めるか、電子レンジで温めるとカラメルはできます。
(やけどに注意です)

ココア、砂糖の量はお好みです。

ココアは大さじ1でもよいのですが、色合いは薄くなるので、大さじ1半としました。

大さじ2だと、少し苦みが出てきます。

砂糖を増やすと、ココア大さじ2でもよさそうです。

私がプルプルが好きなので、最大限の水分量(牛乳)で、やわらかいプリンにしました。

固めが好きなら、牛乳を減らしても作れます。

そんな今月のメニューです(*^^*)

よろしくお願いいたします!