2018年ありがとうございました

気づけば、もう年末ですね。

いかがお過ごしでしょうか(^^)

今年も大変お世話になりました。

特に今年は、産休をいただいたのにも関わらず、温かく送り出し&迎えて下さりありがとうございます。

おかげ様で息子は、生後7ヶ月となりました。

「こんなに大変な育児&家事を保護者の皆様はやっていたのか~」

と改めて尊敬しているところです!

私は、夫が育休を3月末まで取っており、育児を楽させてもらっています。

それでも、大変なときもありましたが

生後5ヶ月以降は、割と穏やかに過ごせています(^ ^)

先輩ママさんに「動き出してからが大変」と言われたので、覚悟しています・・・。

さて、料理教室は、毎月マイナーチェンジを繰り返しているのですが

来年は、イベントなどもやっていきたいと思っています。

というのは、他の習い事と違って、発表会、進級がないので、料理教室のメリハリがないかなと思うのです。

学校でも、メリハリをつけるために、テスト、発表会があります。

「楽しく料理をする」ということが大事なので

あまり堅苦しいこともしたくありません。

毎月行っている、食育の問題は

知識を増やすことが目的ではなく

食に興味を持ってもらうため

食の奥深さを知ってもらうために行っています。

特に、こだわっているのは

「自分でレシピを考えられるようになってほしい」ということです。

そのために、「あなただったらどんな具を入れる?」ということを質問することがあります。

私は料理が苦手だったとき、レシピをみて作ることしかできませんでした。

料理ってそういうものだと思っていたのです。

でも、レシピって、アレンジは無限大なんです。

ゆめつぼで習ったレシピを基本として、材料や調味料を変えてアレンジできる子になってほしいと思います(^ ^)

来年も、子どもの将来のため、保護者の皆様のお役に立てるように

こども料理教室をより良くしていきたいです。

よろしくお願いいたします(*^^*)